2015年05月20日

From Thailand, ドイサケット村 国旗(Jonas Palm)

town and flag 2.jpg

ドイサケットは、チェンマイ県にある24の地方のひとつで、チェンマイから16q離れていますが、建築ラッシュが急速に進み、合体していくようにも感じられます。約6万7000人の人々がチェンマイで働いているため、朝のラッシュはさらに増えています。早くて簡単な方法は毎日15分に一度出発する黄色いバスに乗っていくことです。

ドイサケットは今でも米作りと家畜の盛んな地域なので、毎朝開催される市場では新鮮な野菜、魚、肉が並びます。火曜日には大きなオープンマーケットがあり、道具や洋服まで売っています。毎日の買い物には事欠かず、タイ料理や西洋料理店もたくさんあります。主要な銀行もだいだいありますし、郵便局のサービスもすばらしい。そしてタイ北部を通り、ラオスや中国へつながる高速道路118号も建設されていて、交通事故などの緊急事態のために施設の整った病院もあります。この辺りは、牧歌的で小さな村の雰囲気と田舎の大自然が混ざったような地域です。

タイの人々は国旗が好きで、パレードや祭りのたびに旗を掲げます。タイ国旗の3色の色は、それぞれ赤(人々の血)、白(仏教)、青(王室)を表しています。

town and flag 3.jpg

Doisaket is one of 24 districts around Chiang mai, today this region growing very fast so the distance from Doisaket to Chiang mai is 16 km but the construction work between the two parts give you the feeling of a melting together.The population are approx. 67.000 most of the people working in Chiang mai so the morning traffic a little heavy. Quick and safe way to commute is to take the yellow buses departure every 15 min the whole day.

Doisaket still is the countryside with active rice farmers and some animal farmers. Have the nice morning market open every day for fresh vegetables, fish and meat. Tuesday the big open market for everything from tools to cloths. Doisaket have the shops for daily shopping and a lot of restaurants with Thai and European food. The most common banks are represented here and a Post office with excellent service. Doisaket has the strategically position with the high-way 118 to the north part of Thailand and further to Lao and China so here you find a well-equipped hospital for emergency accidents. This district is a mix between small town idyll and nice nature in the countryside style.
The people of Thailand love there flag and often use it in parades and festivity. The three colors of the Thai flag symbolizes, red = the People (blood), white = Buddhism and the blue color = Monarchy.

town and flag.jpg

Pictures from Jonas Palm, Swedish photographer, retired and living in Doisaket


posted by MOONSOAP at 00:00| タイの花、木、ハーブなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

LaLa's basic

IMG_1083_550.jpg

IMG_1089_550.jpg

富山駅から路面電車で数駅目、大きなショッピングモールがある総曲輪(そうがわ)通りの横道。
京都よりの本願寺富山別院に挟まれた小さな路地に、LaLa's basicはあります。

IMG_1102_550.jpg
いろいろな柄の路面電車が走っています。藤子不二雄の生まれ育った富山なので、ドラえもんやはっとりくんのトラムまで走っていました!

IMG_1082_550.jpg
富山城

富山はお寺や神社の多い街で、立山連峰の山々の麓に広大な平地が広がります。海も山も近く、積雪量も多くないこの土地は、飛行機で上空から見下ろしても、とても住みやすい理想の地に見えます。

また立山の雪解け水のおかげで、水道水が美味しいそうです。お店で実際にいただいたコップのお水は、味や臭みがなく、とても美味しく感動しました。

IMG_1096_550.jpg

オーナーの永川さんは、肌荒れがどしても治らなかったある時、その原因が合成の界面活性剤だということに気付いたことだそうです。そして肌に優しい化粧品や洗剤、食料品などを使用するようになったのですが、それぞれ全部違う場所に買いに行っていました。「一か所で買えるところがあったら!」という思いで2008年にこのお店を開店したそうです。頭皮トラブルがきっかけで、合成界面活性剤が合わないのかも?!と髪も洗える石けんを作り始めた当時を懐かしく思いだしました。

IMG_1084_550.jpg

コスメの他に、手作りコスメの道具や洗剤、お掃除道具、コットンのナプキンなど生活雑貨がそろいます。

IMG_1100_550.jpg

IMG_1086_550.jpg

MOONSOAPの製品はほとんど全商品取り扱っていただいています。

IMG_1095_550.jpg

入浴剤、美容オイル、コスメ、など種類別に並べてあってわかりやすいです。

IMG_1094_550.jpg

IMG_1093_550.jpg

すてきなチョコレートやドライフルーツなどのお菓子が並びます。

…店舗データ…
店舗名:LaLa's basic
URL : http://lalas-basic.on.omisenomikata.jp/
住所:富山市総曲輪2−7−12
営業時間 :  11:00〜19:00 不定休(だいたい水曜がお休みですが祝日の場合は営業)
電話 : 076-481-7117
最寄駅: JR富山駅より市電 荒町
posted by MOONSOAP at 12:06| SHOP INSIDEOUT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

新月レター 5/18 13:13

P1011846_550.jpg

だんだん暑くなって、着るものが少なくなり、身が軽くなると
何か忘れ物をしたような気持ちになることがあります。

それにしても植物の成長の速さには驚かされます。

タケノコは、かわいい頭をちょこんと出していると思っていると、もう人間の大人のような背丈に。
そして次の週には、もう青い空に向かって立派な竹になっています。
身に着けていた竹の皮をすごい勢いで脱ぎ捨て、土の中の養分をたっぷり吸って、
まっしぐらに成長する姿には元気をもらいます。

P1011839_550.jpg

Today's MENU
1.マーケット情報
2.石けん工房便り「農耕祭」
3.キャンペーン情報
4.New moon prayer

CONTENTS

1.マーケット情報

◆ Farmer's Market 
6月13・14日 10:00〜17:00
国連大学前(表参道/渋谷駅)
美味しい新鮮野菜が生産者から買うことができます。
http://www.farmersmarkets.jp/

2.石けん工房便り「農耕祭」

iStock_000024778304_Small_550.jpg

タイは農業王国ですから、豊作を占うとても重要な儀式があります。
タイのカレンダーで6ヶ月目(だいたい5月にあたります)に行われます。
スコータイ王朝から700年も続く伝統です。
その年の収穫の良しあしとお米を植えはじめる季節の吉兆を占います。

近頃は、バンコクにある王宮そばのサナームルアン公園で開かれます。
今年は、5月13日に王族のマハー・ワチラーロンコーンが執り行いました。
儀式のハイライトは、彼が差し出された3種類の布の中から、到来する季節の雨量を占うことです。
短い布ならば、雨はたくさん降ります。2番目に短い布ならば平均的な雨量で、最も長い布ならば雨不足の年になるでしょう。今年、神主は短い布を選びました。

それが終わると、2頭の神聖な牡牛に、お米、豆、とうもろこし、ほし草、ゴマ、水、酒の7種類の食べ物と
飲み物が差しだされます。今回、牡牛は干し草と水とゴマを選びました。
今年は、十分な水とたくさんの食べ物に恵まれるということです。

儀式が終わると、富と幸運を願って、神主が農民たちに種を振り掛けます。
農民たちは、その種を自分たちの種米と混ぜ、豊作を祈りつつ今年の植え付けを始めます。

効率の良い技術が発展した今では、この占いはナンセンスにも見えます。
でもこの儀式を見ると、私は自分たちの国がどれだけ広大で肥沃な大地に恵まれているかに気づくのです。

As Thailand is an agricultural country, we have an important ceremony called The Royal Ploughing Ceremony. This ceremony has been held in the 6th month in Thai calendar (normally it is in May.) for more than 700 years since Sukhothai Kingdom. The first purpose is a performing for harvest encouragement and the second one is the royal ploughing ceremony marking the auspicious beginning of the rice growing season.

Nowadays it is held at Sanam Luang near the Grand Palace in Bangkok. This year Crown Prince Maha Vajiralongkorn has presided over the ceremony on May 13th. The highlight of ceremony is the amount of forecast rainfall in the coming season. The Ploughing Lord is offered a choice of three lengths of cloth, if his choice is the longest one there will be little rain during the coming year: if it is the shortest one, rain will be plentiful while the one of medium length indicates average rain. This year he picked up the shortest one.

When the ploughing is finished the bulls are presented with seven different foods and drink, i.e. rice seed, beans, maize, hays, sesame seed, water and alcoholic liquor. This year the bulls choose hays, water and sesame seed so it’s forecasted that there will be enough water and plentiful foods.

After the ceremony has ended, farmers get the seeds sown by the Ploughing Lord for their wealth and good luck. They will mix the seeds with their own rice to ensure a good crop in the coming year.
Even we have good technology for efficient agriculture now and the forecast seems to be nonsense for some people but this ceremony always remind me how plentiful our land has been..........

(Written by Kannikar Limpibanterng)

3.キャンペーン情報

○今月のキャンペーン
1万円以上ご注文の方に、ダマスクローズがほのかに香る美味の「ROSY SENBEI」をプレゼントいたします。

4.New moon prayer
「5月18日●13:13 (C)国立天文台」

大昔から人は月の満ち欠けとともに農作業や祭ごとを行ってきました。
夜空に月が見えない日に、気持ちを新たに次の新月までの誓いをたてると
満ち行く月とともに実現することができるかもしれません。
posted by MOONSOAP at 16:52| 新月レター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。