2015年10月05日

From Thailand, ピーコックフラワー(ベニフウチョウ) (Jonas)

IMG_5506_550.jpg

朝のサイクリングでこの美しい花を見つけたとき、これがカリブの島バルバドスの国花であるとは知りませんでした。

ピーコック(孔雀)フラワーという素敵な名前は、天気の良い日に動物園で孔雀が翼を広げて、カラフルな羽を見せびらかし、あまり心地の良くない声で相棒を求めているのを想像するでしょう。

IMG_5490_640.jpg

IMG_5467_640.jpg

IMG_4404_640.jpg

この低木は3mくらいの高さになりますが、霜が少ししか、またはほとんどおりない地域ではそれよりも大きく育ち、常緑であることがあります。

花は20pの長さの茎上にあり、それぞれに黄色、オレンジや赤の5つの花びらがついています。実は6〜12cmの長さの鞘(さや)がです。

IMG_4402_640.jpg

Peacock flower or red bird of paradise, Caesalpinia pulcherrima

When pass this beautiful flower on the morning bike trip you can’t imagine this flower is the national flower of the Caribbean island Barbados.
The nice name, peacock take your imagine to a sunny day in the zoo there the peacock show the colorful feathers with the not so nice sound then calls the ladies to be the partner.
It is a shrub growing to 3 m tall. In climates with little to no frosts, this plant will grow larger and is semi-evergreen. The flowers are borne in racemes up to 20 cm long, each flower with five yellow, orange or red petals. The fruit is a pod 6–12 cm long.

(Jonas Palm with info from Wikipedia)



posted by MOONSOAP at 00:00| タイの花、木、ハーブなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

From Thailand, アイキャンディー (Jonas)

1_550.jpg

古民家の裏にいろいろな花が植えられた生垣を見つけて、カメラを手に取りました。生垣は、イクソラ、ベニバナサンタンカ、または火の玉と呼ばれる赤い花で始まっていました。一般的なものは赤ですが、黄色、オレンジ紫、白のものもあります。イクソラはタイの田舎の生垣の花としてよく見かけます。

IMG_4103_550.jpg

花はタイでとても重要な意味があります。『先生の日』というのをこの花を先生に捧げ、賢い知恵を授けてくれるように生徒たちはお祝いします。イクソラは生徒たちをより賢くする花として知られています。タイ語で『ピン』とは「賢い」という意味です。花が咲く前のイクソラはピンのようですから。このように昔の言い伝えがタイでは生きています。

2_550.jpg

イクソラは500種類からなるアカネ科の花で、熱帯の常緑低木です。熱帯アジアをはじめ、世界の熱帯や亜熱帯で育ちます。3〜6インチ(7.6〜15cm)のガサガサした手触りの葉っぱを持ち、夏には大きな房状の小さな花を咲かせます。

IMG_4104_640.jpg

IMG_4317_550.jpg

酸性土を好むので盆栽などに適しています。東南アジアでは生垣の花として人気です。熱帯地域では花は一年中咲いていて、ヒンズーの儀式やアーユルヴェーダの薬として利用されたりしています。

Eye candy

Then I pass this hedge with a mix of flowers and colors to the background of the old Thai house I had to stay for a picture . . . The red flowers in the beginning of the hedge is Ixora or fireball. The flowers most common in red color but you can find Ixora in yellow, orange violet and white too. Ixora is very common as the hedge in the countryside here in Thailand, close to every house have on.

The flower have an important significance here in Thailand, celebrating the teachers day the students should present the teachers with the Ixora flower for
their work to educate the clever knowledge to the students. Ixora well known here for make the students clever . . . Pin in Thai have the meaning of clever,
and Ixora before blooms are like pins . . . (old folklore still in use)

Ixora is a genus of flowering plants in the Rubiaceae family. It consists of tropical evergreen trees and shrubs and holds around 500 species.
Though native to the tropical and subtropical areas throughout the world, its centre of diversity is in Tropical Asia.
The plants possess leathery leaves, ranging from 3 to 6 inches in length, and produce large clusters of tiny flowers in the summer. Members of Ixora prefer acidic soil, and are suitable choices for bonsai. It is also a popular choice for hedges in parts of South East Asia. In tropical climates they flower year round and are commonly used in Hindu worship and Indian folk medicine.

(Jonas Palm with info from Wikipedia)

IMG_4108_550.jpg
posted by MOONSOAP at 00:00| タイの花、木、ハーブなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。