2012年06月19日

YOGAの旅:印章の失われた部分

578895_352459678146038_100001460251636_996166_294420681_n_630.jpg

もし印章の失われている欠片に、蛇が刻まれていたなら、ヨーガと印章の関連性はますます強くなります。それはヨーガと蛇には密接な関係があるからです。会陰に位置する「ムラーダーラチャクラ」に三回転半とぐろを巻いて眠るのが蛇で、これは女性性を表象するチャクラに宿る重要なシンボルです

そしてプラーナ(生命の活力)を上昇させる力として、目覚めた蛇は本来の座であるシヴァ神のいる頭頂「サハスラーラ」を目指し上昇します。そうして宇宙エネルギーが融合し、クンダリニーを開けることで解脱の扉が開くとされます。悟りを得るために必要なヨーガの最終行法は、「シャクティ(神秘的潜在エネルギー)を動かすこと」にあるのです

この「シャクティー(エネルギー)の目覚め」が解脱に至るヨーガの最終行法です

現在までに、様々なかたちとモチーフを刻んだ印章は2100点ほど発見されているそうです。「印章の発掘」そしてドラヴィタ語形に最も近いとされる「文字の解読」が融合し古代文明社会の迷宮が解かれる日を心待ちにしています

Written by Hisae


posted by MOONSOAP at 10:00| YOGAの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。