2015年07月24日

From Thailand, クラウンフラワー(アコン)(Jonas Palm)

crown flowers 5_550.jpg

アコンは、4mくらいの大きな低木で、白やラベンダー色のろうそくのような感触の花を房のように連なって咲かせます。花は小さく、星のような形で、真ん中には雄蕊(おしべ)を支える形で優雅なクラウン(王冠)が掲げられているようにみえます。

花はとても長持ちするので、タイの人々はつぼみや花びら、クラウン(王冠)をいろいろな花飾りを作るのに使います。タイでは交差点などで、赤信号になると同時に、停車中の車に様々な美しい小さな花輪を売りに来ます。さっと買って、車のミラーに下げると車の中に新鮮な花の甘い香りがかすかに広がります。

crown flower 2_550.jpg

アコンは伝統的な薬用植物として使われてきました。葉や茎に含まれる乳液が矢毒や家畜の毒として使われてきたため、インドや東南アジアでは毒性植物としてしられてきました。

crown flower 1_550.jpg

Crown flowers, (Calotropis gigantean)

It is a large shrub growing to 4 m tall. It has clusters of waxy flowers that are either white or lavender in colour. Each flower consists of five pointed petals and a small, elegant "crown" rising from the centre, which holds the stamens.
The flower last long so the Thai people use different part of the flower as the buds, petals and the crown to make various flora arrangement.
Very popular here in Thailand to sell the small leis in the road sections, then have to stop for the red light the seller fast coming and sell the nice arrangement with the faint fragrance and light aroma for the car.
Calotropis is used as a traditional medical plant with unique properties.
Calotropis is recognized as a poisonous plant in India and South Asia. The leaves and stem when incised yield thick milky juice and used as an arrow poison, cattle poison.

(Jonas Palm with info from Wikipedia)


posted by MOONSOAP at 00:00| タイの花、木、ハーブなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。