2015年08月19日

From Bali, Indonesia, ルワックコーヒー(Jonas Palm)

robusta coffee_550.jpg

ルワックコーヒーという、とても特殊な作り方をするコーヒーがあります。

タイではコーヒーを氷を入れて冷やして飲みますが、インドネシア、バリ島の人々は熱いコーヒーを飲みます。田舎のプランテーション農園では、まるでワイナリーを訪ねたときに、今年のワインやウィスキーの試飲のように、コーヒーをすすめられます。ルワックコーヒーの試飲だけは、有料になります。製造にとても手間がかかっているからです。

local roasted_550.jpg

香りや味の違いは何でしょう?国で一番の名声があるコーヒーはどんな味がするのかわくわくしながら、初めてのルワックコーヒーを試しました。スウェーデン人は世界一コーヒーを飲むと言われています。ルワック愛好家には失礼ですが、正直言って私には味の違いはあまり感じられませんでした。

luwak droppings_550.jpg
コーヒー豆の入った排泄物

robusta  coffee beans_550.jpg
洗浄後

ルワック(ジャコウネコ)のコーヒーは、ジャコウネコがコーヒー豆を食べて排泄した豆を炒って作ります。ルワックコーヒーの歴史はコーヒー生産の歴史に深く関係していて、オランダの植民地時代に、プランテーション農園で働き、コーヒーの実を摘む地元農民はコーヒーを飲むことを禁じられていました。それでもコーヒーが飲みたかった農民たちは、ある種のジャコウネコがコーヒーの実を食べ、排泄物の中に種が残っていることを発見しました。ジャコウネコの糞を拾って、洗って取り出した種を焙煎してコーヒーを作り出しました。このようにして、かの有名なルワックコーヒーは農園主であるオランダ人にも広がり、やがて彼らのお気に入りとなりました。ですが、この特殊な製造方法と希少性からルワックコーヒーは植民地時代でさえ、とても高級なものでした。

one per one cup_630.jpg
コーヒーは一杯ずつ淹れる

final test_550.jpg

tired luwak_550.jpg
疲れたジャコウネコ

Shit in your coffee. . .

Think you know about the luwak coffee? If not I will explain the process . . .
After my trip to Bali, Indonesia I met the big use of this type of coffee but the people of Bali drink there coffee hot not with ice as we do in Thailand.
If going to the plantations in the countryside you will be invited to try their production of coffee for free, it’s like you going to the winery and try the wine of the year or whisky. If you like to try the luwak coffee you have to pay because the exclusive process to make it. So what’s the difference in taste and aroma?
First time I try this coffee and think I have some experience as coming from the no 1 of coffee countries; Swedish people drink most coffee in the world.
Have to say, for me I can’t feel the difference in taste . . . Sorry, luwak lovers!
Jonas Palm

Luwak coffee

Luwak coffee or civet coffee, refers to the beans of coffee berries once they have been eaten and excreted by the Luwaks. The origin of kopi Luwak is closely connected with the history of coffee production in Indonesia. During the era of *Cultuurstelsel (1830-1870), the Dutch prohibited the native farmers and plantation workers from picking coffee fruits for their own use. Still, the native farmers wanted to have a taste of the famed coffee beverage. Soon, the natives learned that certain species of Luwak consumed the coffee fruits, yet they left the coffee seeds undigested in their droppings. The natives collected these Luwaks coffee seed droppings, then cleaned, roasted and ground them to make their own coffee beverage. The fame of aromatic civet coffee spread from locals to Dutch plantation owners and soon become their favorite, yet because of it’s rarity and unusual process, the civet coffee was expensive even in colonial time.
Luwak coffee information, Bali
* Cultivation system introduced by the Dutch (my comment)
posted by MOONSOAP at 00:00| 世界の果てまでどこまでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。