2015年10月19日

From Singapore, Jubilee Weekend その2 (Ayumi)

学校でレゴブロックのセットを頂いて帰ってきました。

1_550.jpg

これは公立の小学校と中学校に通う子供達にシンガポール政府が 贈った建国50周年の記念品です。

1つのセットから3種類の完成品を作ることが出来ます。
いずれもシンガポールのシンボルである建築物です。

2-1_550.jpg

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

2-2_550.jpg

・・・世界中の樹木や花が集められた広大な植物公園です。国の繁栄が続くよう願いが込められた大切な存在。

チャンギ国際空港

3_550.jpg

・・・ご存知、アジアの一大ハブ空港です。世界の架け橋である象徴。

カベナブリッジ
・・・建設当時の原型をとどめる最古の橋です。過去を忘れることなきよう、という思いを込めて。

それぞれ同じブロックを共用するので、3つの完成品を並べられるのではなく、一個作ったら、一旦壊して別のものを作るという3in1設計となっています。でも、子供たちは手を止めることなく、作っては壊しを繰り返し、しまいには別の乗り物を作って楽しんでいました。

この記念品を手にするユーザーは、7才から17歳と幅が広いので、 年齢別に完成品が提案されている点もレゴらしくて感心しました。

この企画は、子供たちがシンガポールについて学ぶ良い機会を与えてくれました。学校で、それぞれのシンガポールの象徴について学んだあと、3種類から好きなものを選び、実際にみんなで作ったのだそう。「これらはどこにあって、どんな役割を担っているんだろう」とか、「どんな風になっているかもっと細かいところを見てみよう」とか、「実際の色はどんなだろう」とか。学校での様子を目を輝かせながら教えてくれた表情が印象的でした。親も子も心に残る記念品、50年後は建国百周年。子供たちはどこで何をしているでしょう。この記念品は残っているのでしょうか。
posted by MOONSOAP at 16:49| 世界の果てまでどこまでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。