2012年08月18日

Rose Geranium ローズゼラニウム

Pelargonium_500.jpg

和名:天竺葵(テンジクアオイ)

芳香: 甘くて重くミンティーな含みを持つバラ様の香り


ニオイテンジクアオイは、すばらしい治癒力をもつ植物として古来から創傷、腫瘍、骨折の薬としてよく使用されました。何世紀もの間、人々はこの植物の力を信じて家のまわりにこれを植えて悪霊を寄せつけないようにしていました

【肌への作用】

肌の若返り、皮脂バランスの調整作用があり、乾燥肌にもオイリー肌にも使われます。機能が鈍化した肌やうっ滞を生じた肌にもよく、肌全体の浄化剤になります。また血液の流れを改善するので肌の色をよくします

消毒と抗炎症作用があることからニキビの治療にも

【心への作用】

副腎や視床下部に働きかけ、ホルモン分泌や自律神経のバランスを調整して心と身体の両面に作用するといわれています。心と身体がアンバランスに感じるときに安定した中心軸をみつけて、情緒豊かに人生を喜び楽しめるよう助けてくれる香り

【有効成分】 ※()内の数値な一般的な含有量です
ゲラニオール(20-30%) : 皮ふ軟化、皮ふ弾力回復、抗うつ、抗菌、抗真菌、収斂、皮ふ弾力回復作用
シトロネロール(25-40%) : 
ローズオキサイド(微量) : 薔薇の香り

この原料を使った製品:
クインタプルエアリーオイル MistyRose
クインタプルバリア ドリームウォーカー
クインタプルエッセンス


posted by MOONSOAP at 10:00| 原料のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ココナッツ物語 : 木と根っこ、そしてエピローグ

木:
ココナッツの木はテーブルやベットなどの家具を作るのに使われます。木目が特徴的でユニークな素材です。

677503.jpg

根っこ:
昔はココナッツの根っこを服を染める染料として、また口を清浄するマウスウォッシュとして使われていました

ここまで読んでいただいてありがとうございます。ココナッツは本当に世界じゅうのどこを探しても見つからないほど、すばらしい植物だと思いませんか?てっぺんから、根っこまでどこにも無駄になるところがないのです。

この世に人間として生まれたからには、ココナッツに負けないくらい他人の役に立っていたいものだなんて、風に揺れるココナッツを見ながらいつも思うのです。

タイ旅行H22年 041_500.jpg

(Written by Kannikar Limpibanterng)
posted by MOONSOAP at 10:00| 原料のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

ココナッツ物語 : 葉と葉の茎

ここまでココナッツに関して読み進めていくときっとあなたも「ココナッツってすごい!」と感じるているかもしれません。

葉:
ココナッツの葉っぱは藁ぶき屋根のように屋根に使われていましたが、雨露をしのぐのにはあまり強くはないため、一時的なものとして使われるか、ナチュラルなスタイルの装飾として使われます

hut.jpg

葉の茎:
どの家にもきっと必ずひとつはあるのがココナッツの葉の茎のほうきです。これは外を掃くのにとても便利です。
houki.jpg

またタイのデザートは良くバナナの皮で巻かれていますが、その留めピンとして使うのもこの部分です
pin.jpg

(Written by Kannikar Limpibanterng)
posted by MOONSOAP at 10:00| 原料のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。