2012年08月14日

ココナッツ物語 : ココナッツのシェル

COCONUT_SHELL_Bowl_FD-1_0_500.jpg

ココナッツのシェル:
昔からココナッツシェルは曲線の形そのままを利用してスープの“おたま”や小物入れとして、また楽器、装飾品にされてきました。

また今も昔も焼いて炭にして利用します。炭のパウダーは水の浄化につかいました。

昔は、炭のパウダーを使って子供の眉毛をきれいに形どって描いていました。ココナッツシェルに含まれるオイルが黒々とした眉毛をそだて、描いた形に生えてくると信じられていたからです。

(Written by Kannikar Limpibanterng)


posted by MOONSOAP at 10:00| 原料のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

ココナッツ物語 : ココナッツの外皮

ココナッツの実の外皮:
外皮は紐やバック、ドアマット、洗濯ブラシ、マットレス、クッション、植物のプランターなどを作るのに使われます。

ココナッツのこの紐がタイ人の日常生活のいろんな部分で使われているのです。

coir_500.jpg
กาบมะพร้าว 外皮の部分

hooksandlattice_2152_307700283_500.jpg
プランターはそのまま土に還るエコ素材です

matte_500.jpg
พรมเช็ดเท้าใยมะพร้าว  ドアマット。感触はジョリジョリしているので土を取り除くのにはもってこい

(Written by Kannikar Limpibanterng)
posted by MOONSOAP at 10:00| 原料のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

ココナッツ物語 : エキストラヴァージンココナッツオイル

前回、ココナッツミルクからエキストラヴァージンココナッツオイルが作られると書きました。

ゆっくりゆっくり一晩かけて、ココナッツミルクを常温で抽出分離します。それから一杯一杯おたまで上澄みを掬って、フィルターで濾していきます。こうやってできるオイルは、まろやかで甘い芳香を持ち、非常に酸化安定性の高い素晴らしいオイルです。

豊富なビタミンEと抗酸化力があり、私たちは毎日のスキンケアに身体に塗ったり、艶のある髪の毛を保つため、髪の毛を洗う前に頭皮にすり込んだりします。また紫外線によるダメージを防ぐためのサンプロテクションオイルにもなるので日中、太陽の光がギラギラ光るタイではとても役立つオイルです。

またココナッツオイルでマッサージをすると痛みをとってくれるとも言われています。ココナッツオイルはとても栄養豊富である研究報告によると健康維持のために食べることも勧められています。

VirginCoconutプロセス3_500.jpg
おたまで掬っているところ

VirginCoconutプロセス4出来上がり_500.jpg
ココナッツオイルは20℃以下で凝固します。チェンマイは冬は20℃以下になることもあるので白く固まりますが夏はこのように透明な色をしています。なのでココナッツオイルは寒い日が続くと作れないのです。もちろんタイに暖房器具なんてありませんから。

タイの子どもたちが大好きなグㇽアイトート(揚げバナナ)はココナッツオイルで揚げて、ココナッツパウダーをまぶして作ります。これに使うバナナの種類は小さくて少し酸味があるバナナで、ココナッツの甘みと香りとのハーモニーがたまらない南国のお菓子です。

bananas_500.jpg

posted by MOONSOAP at 10:00| 原料のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。